maruno_ribbon01

2020年6月27日

【現場監督時代の懐かしいご家族様との再会……

 

今日は、リノベーション計画のご依頼を頂き、
久しぶりにご家族様とお会いしました。

 

フルーツカットの教室をされている奥様。
ご家族と懐かしいお話をしている間に、
あっという間に作ってくださいました。

見ているだけで幸せになりますね(^^)
ここまできたら、食べるのがもったいないほど美しい。

とはいえ、美味しくいただきました。

 

27年前にハウスメーカーの総合請負をしていた時に、
現場監督させていただいたお住まいです。

今は撤退して無いハウスメーカーですが、
在来工法で、
手造りのとても良い家を
施工させていただきました。

その頃、小さかったお子様たちも
立派な大人!
時が経つのは本当に早いものですね。(^^)

 

お子様方は皆さん独立されているので、
将来はお2人での生活になるということです。

家が大きすぎるので、
これからの住まい方をどうしようか・・・
等のご相談。

 

最近はこのご相談がとても多いです。

昔は法事などの様々な行事を
家ですることがほとんど。
年に何度か宿泊客もいたり、
食事会もあったり・・・でした。
ですから、和室の続き間が必要な家も多かったです。

ところが、
今はほとんど外ですることが多くなりました。
昔ほど広い家を有効利用する機会が減りました。

寂しい気はしますが、
これからを楽しく過ごす間取りに変える方が
大切だし、豊かな生活になりますね。(^^)

 

阪神淡路大震災でもびくともしなかった家。
とても大切に過ごしていただいていて、
嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

 

私たちの仕事は、
とても長い年月でのお付き合いとなります。
その時に振返って思い出していただけるような
施工をさせていただくよう、
これからも努力していきます。

 

構造を安定させた間取りの変更をしないといけません。

安全な住宅で、
将来に向けて
過ごしやすい住まいになるよう、
ご提案させていただきます。

 

楽しいリノベーションになりそうです。
ご家族もワクワクするリノベーションとなりますように・・・(^^)

 

 

 

 

マイホーム ,リフォーム