maruno_ribbon01

2020年6月5日

【新築・リフォームするのに大切なこと】

 

新築や、リフォームで大切なこと。

当たり前のことですが、
大工さんの腕。

それから、その人柄。

人柄だけでは良い家が建つということはないです。
腕+人柄。

この人柄とは、
そこに住む人の事を思って施工する大工さん。

自分の手間、それだけを考えて先に進むだけでは、
良い家が建つとは思いません。

 

例えば新築
弊社では長期優良住宅・省令準耐火構造を標準としています。

ですから、すべての建物に、構造計算に基づいた図面ができます。

構造金物の種類と取付位置、釘の種類、
また、耐力壁などの壁材の釘をどれだけ打たないといけないかなど、
細かなことが決められています。

図面だけ長期優良住宅ではダメなわけです。

確認申請の外部検査機関の検査員の中間検査だけでなく、
住友林業のイノスグループの構造専門の担当者の検査を受けます。

その方が細かくて厳しいので、
建物の精度がアップします。

 

そして、現場監督も大工さんの知識もより向上するわけです。
大工さんの技量+構造の知識も深まります。

 

弊社がイノスグループに長年在籍しているのは、
時代と共に変化する技術力を維持するためでもあります。

まず、安心な住宅をお届けすることが
建築をするにあって、一番大切なことだと思っています。

だから、
工期短縮! ばかりを要求されるのは苦手です。
当たり前の工期は必要です。
これから一生住む大切な住宅ですから。

ちょっと固い話になりました。
でも、構造はとても大切です。(^^)

 

安心な住宅であるからこそ、
心地の良い住宅を造れるからです。

現場の人が大切なことをわかってないと、
質の良い住宅は建設できません。

 

信頼できる大工さんがいらっしゃるから、
信頼できる大工さんを育てることができると思っています。

 

リフォームの時も、
「これくらいで、いいや」と、思って前に進んでしまう人と、
「これでいいのかなあ?」と、
監督に相談する大工さんとの違いは大きいです。

リフォームは特に難しいので、
技術が必要です。

新築もリフォームも
そこに住まうご家族のことを思ってくれる大工さんにお願いします。

そのような大工さんは、やはり技術も高いレベルです。
そして、高いレベルになっていきます。
段取り良くて、早くて、しかも美しい納まりになります。

 

そういう大工さんが増えてくれるよう、
私たちも頑張ります。(^^)

 

 

 

ひとりごと ,工務店の役割