maruno_ribbon01

2021年1月22日

【断熱リフォームはどうすればいいのでしょ……

 

 

毎日寒い日が続きますね。
コロナ禍の今、家にいることが増えましたよね。

温暖化とはいえ、1月、2月は特に冷えます。

「家が寒いのですけど、
簡単な断熱リフォームできますか?」

自宅で過ごされる時間が多くなり、
この質問を受けることがとても多くなりました。

残念ながら、
簡単な断熱リフォームはないです。(^^)

工期が短くて、
費用対効果で考えると、
内窓がいいです。

 

実際に取り付けたお客様の体感でも、
冬だけでなく、
夏の暑さの体感も全く変わったとおっしゃいます。
そして、騒音も聞こえにくくなったと。
二重サッシになるわけですからね。

 

気密の悪い家だと、
隙間風があっちこっちから入ってきますので、
断熱リフォームを完全にというのは
とても難しいですが、
内窓をつけるだけでも
ずいぶんと変化があります。

 

それ以上となると、
屋根直下の天井や壁の断熱材の工事・床下の断熱工事をしないと
改善されないので、
高額になります。

費用対効果でどのように
組み合わせて施工するかが大切です。

 

床暖房をすることもありますが、
ランニングコストもかかりますので、
そこも考えた上で施工依頼しましょう。

床暖房だけしても、
窓から下に冷気がおりてくるようでは
せっかくのリフォームももったいないです。

 

リフォームで一番多いのは
浴室のリフォーム依頼です。

昔は在来浴室(床も壁も左官下地にタイルを貼った浴室)でした。
恐ろしく寒いです。

ハウスメーカーもジャロジー窓(ルーバー窓)を
平気でつけていた時代がありました。
カビが生えるので、風通しが良いようにと・・・。

それでなくても風通しの良い家なのに、
余計に寒い(::)

 

今はシステムバスがとても良くなったので、
浴室は、ぜひシステムバスにリフォームしてくださいね。
住宅のシステムバスは快適になりました!

 

ついでに窓も断熱性能が良い窓に変えましょう。
後でするのは困難ですから。

 

浴室と洗面はセットでリフォームすることが
お勧めです。

脱衣室が寒いとヒートショックで
脳梗塞や心筋梗塞のリスクがあるからです。

 

システムバスの床下も注意です。
床下の風がスースーと抜けるよな
リフォームはダメです。

せっかくするなら、
床下の断熱もしっかり考えて施工します。

断熱リフォームは
難しいので、しっかり相談してから
お願いしましょう。(^^)

費用をかけても後悔することの無いように。

 

今日は これでおしまい(^^)

 

 

 

 

 

断熱