maruno_ribbon01

2020年7月27日

【工務店とハウスメーカーの違い】

 

先日、お客様から

「工務店とハウスメーカーの違いは何ですか?」

と、質問されました。

 

私、この歳になって恥ずかしいのですが、
初対面だと緊張してうまくお話ができなかったので、
ここで少しお話します。

大きな違いがいくらかあります。
今日はその中の一つをお伝えします。

時代と共に、その形は変わる可能性がありますが、
大きなハウスメーカーは基本的に直接家を建てません。
建てるのは、地元の工務店です。

弊社もハウスメーカーの総合請負をしていました。
営業・設計はハウスメーカー、施工は提携工務店です。
今では、分離発注方式になっているところが多いですが、
基本的には、工事は工務店が進めます。

一言で表現すると、
ハウスメーカーはプロデュサーで
地元の工務店が段取りして家を建てる。
と、いう感じです。

 

弊社はイノスグループに加盟しています。
小さな工務店では開発できなかったり、
情報が遅れたりするので、
頭脳部分を住友林業に教示してもらってます。
構造計算やその移り変わり。
あらゆる正しい情報を得ることができます。
ですので、元請負は弊社となります。

 

昭和の在来工法と
現在の在来工法(軸組み工法)とでは、
施工方法もずいぶん変わりました。

小さな工務店も勉強しなければ
時代に追いついていけなくなります。
どうしても情報が少ないですから。

でも、今の時代は
SNSの普及により色々な情報を得ることができるようになりました。

ただ、
それが本当に確かな情報かどうかは
しっかりと見極めないといけませんね。

 

ハウスメーカーはまるで日本独特の文化のようになりました。

 

本当は、
しっかりとした設計で
しっかりと建築できる工務店があれば
地元工務店で建てるのが一番いいですよね。

ただ、ハウスメーカーの研究と競争によって、
日本の住宅の品質がとても向上したのは
確かです。
大きな研究や実験は地域の工務店ではできませんから。

 

小さな工務店は広告費用に大きな投資をすることができません。
ですから、なかなか知ってもらえないですね。
初めて自宅を建てるのに、
知らない工務店に頼むのは不安な方も
多いのでしょう。

 

けれど、私のお付き合いのある工務店さんも、
素晴らしい住宅を建てるところが
沢山あります。

遠方だと、
建て主様の地元の工務店さんをご紹介しています。
何故なら、施工させていただいても、
遠すぎると、メンテナンスがすぐにはできなくて、
建て主様にご迷惑をかけることになるからです。

弊社の施工範囲は
車で片道1時間程度までです。

今まではご紹介がほとんどでした。
最近は、ウェブサイトからの問い合わせも多くなりました。
これも時代の流れですね。

長年工務店を営業していると、
なんだか時代の流れも趣があるように感じます。(^^)

 

家はしあわせに造るもの。
打ち合わせも楽しくするもの。
家は心地よく住んでいただくところ。
いつもご家族の笑顔を生む住まいを造りたいです。(^^)

 

 

 

 

ひとりごと ,工務店の役割