maruno_ribbon01

2019年2月16日

【もみの木カフェ 開催のご案内】

 

【自然乾燥の もみの木の床】 

ドライフラワーの下に敷いているのは かまぼこ板です。
もみの木はかまぼこ板にも使われています。
もみの木は人が口にするものに触れても大丈夫という安全な木材ということです。

その他にも、神社の絵馬やお札、
そして、結納台やまな板等にも使われています。
神聖で大切なものに使われていますね。

 

弊社が使うもみの木はドイツの厳しい自然で育った樹齢200年以上のもみの木です。

その木を時間をかけて自然乾燥させたきれいな柾目の床材です。

 

今回、もみの木の内装材をご体感いただきたく、

 2月23日(土)10:30~ 

【もみの木カフェ】を開催させていただきます


ご予約いただき、ぜひご体感くださいませ

 
床だけでなく、壁・天井にももみの木をたくさん使っています。

 

もみの木の内装材は、きつい匂いはしません。
ほんのりと優しい香りがする程度です。ほぼ無臭です。

その他の内装材は、
もみの木の良さを害さない、
ウッドチップの入ったエコクロス、オガファーザーと
スイス漆喰を選びました。
どちらも見ていただけます。

 

今年は2ケ月に1回開催予定ですので、
お気軽にお問合せくださいませ。

*いずれも予約制ですのでご注意ください。*

 

 

今日の伊丹市はお天気は悪いですが、
少し暖かいですね。

春の訪れが待ち遠しい季節です。

 

弊社前の紅梅が咲きました。(^^)

 

 

【常に進化し、ずっと地元にある工務店でありたい】

昆陽池公園北側 株式会社 丸野工務店

#伊丹市の注文住宅 #長期優良住宅 #省令準耐火構造 #定期点検付住宅
#もみの木の家 #マルサ工業 #イノスの家

 

未分類