基礎の配筋完了しました。
外部の検査機関による鉄筋検査を実施します。

 

鉄筋の間隔は場所によって違います。
構造計算されているからです。
全部同じ間隔ではありません。
この家の場合は、補強部分は150mm間隔になっています。

家によって違うのは当たり前です。

 

木造の建物の場合、
3階建以上でないと、構造計算の義務がありませんが、
もみのきハウスでは、平屋や2階建の木造住宅でも、構造計算をします。

間取りによって基礎の鉄筋の入れ方も変わります。

ただ、30センチ間隔で入れているとか、
25センチ間隔でいれているとかという競争ではありません。

構造計算による裏付けがあります。

 

もみの木ハウスの家は、偏心率の計算もしています。
建物の強さの芯と重心のずれの事です。

偏心率が大きいと、
耐震強度が高くても、建物は倒壊します。
バランスの悪い家は耐震強度が良くても危ないということです。

バランスが悪いと、
地震の揺れによって、建物がねじれてしまいます。

 

ですから、建物がねじれないように
バランスの良い設計が必要です。
それには、偏心率も計算しないといけません。

 

営業マンは建築の技術者でないことが多いです。

受注したいが、一番です。
それはそうです。営業マンですから。

 

でも、私たちは、
構造計算の裏付けがある住宅を建てます。
それが、住む人の幸せにつながります。

 

もみの木ハウスの家は、構造計算を行っています。
壁量計算ではなく、許容応力度計算です。
しかも、制震構造です。

耐震等級だけが良くても怖いです。
もみの木ハウスの家の構造は根拠があります。

 

つづきは、また(^^)

 

 

 

【住む人に 幸せを届けたい】

もみの木ハウスはんしん 株式会社 丸野工務店
兵庫県伊丹市中野東1丁目108番地

 

 

丸野工務店 代表取締役社長 小野 五百合

小野 五百合

【ここからはじまるしあわせ】というフレーズを胸に、お住まいになるご家族が末永く幸せであってほしいという思いで、身体に優しく心地いいもみの木の家を提供しています。

開催予定の見学会・イベント

【12/14日】もみの木について学ぶ→もみの木カフェ
【毎月開催】もみの木の家を体感→体験会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:丸野工務店

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。