先日、もみの木カフェを開催した時に、
もみの木の床材とカラーフロアーの違いを体感していただきました。

床材の表面の温度は同じですが、
手で触れていただくと、カラーフロアーの方が
冷たく感じます。

ですから、
断熱等級は4だからって、快適とは限りません。

 

内装材の選択を誤ると、
せっかく断熱等級がよくても、不快になってしまいます。

 

人の感覚(体感)と、数字で表したものは違います。

 

カラーフロアーはベニヤ板にスライスしたつるつるの薄い床材を貼っています。
ですから、熱伝導率が高く、冬場は人の体温を奪っていきます。

足がとても冷たく感じるので、スリッパを履かないと過ごせません。

 

室温が20℃でも、足元が冷たいと体感温度は落ちていきます。
20℃の室温を25℃まで上げてやっと快適な空間になります。

 

夏は28℃の室温ですが、蒸し暑く感じます。
内装材が調湿出来ないので、湿度が高くなりすぎて起こる不快感です。

28℃で湿度が60%だとさらさらと快適です。
でも、湿度が80%をこえると、空気が重たくなってべたべたして
不快になります。

内装材を間違えると、このような結果になります。

 

でも、自然素材ならいいというものでもありませんね。
無垢材でも、表面がウレタン塗装だと意味がありません。
見た目は良くても、体感が良いわけではないです。

 

壁の内装材で、「調湿します」という材料も、
本当に調湿しているのかを調べる必要がありますね。

湿度を吸っても吐いてくれなかったり、
湿度さえはじいて吸ってくれない材料もあります。

 

もみの木の内装材は吸って、吐いてくれます。

 

冬の過乾燥の時期は水拭きすると、
とても心地いい空間になります。

 

優しい香りと、心地よい空気に包まれます。

だから、「たどり着いたのは もみの木」です。
柾目のもみの木ですよ。(^^)

丸野工務店 代表取締役社長 小野 五百合

小野 五百合

【ここからはじまるしあわせ】というフレーズを胸に、お住まいになるご家族が末永く幸せであってほしいという思いで、身体に優しく心地いいもみの木の家を提供しています。

開催予定の見学会・イベント

【2/29日】もみの木について学ぶ→もみの木カフェ
【毎月開催】もみの木の家を体感→体験会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:丸野工務店

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

もみの木ハウス・はんしんの家づくり情報は「コダテル・兵庫」「コダテル・大阪」からもどうぞ。