家を建てる場合、現金で建てる人はほとんどいません。

住宅ローンを借りて建てます。
自己資金をどれくらい貯めたらよいかという話になりますが、
低金利の時代ですので、借りたほうがいいです。

令和1年分以後、住宅ローン減税の控除期間が3年延長されて、13年となっています。
適用年の1年目から10年目までの各年の住宅借入金特別控除については、
現行と同様の金額を控除できます。
消費税増額の2%部分について、所得税から控除する仕組みは、
3年間で消費税増税分にあたる、
建物購入額の2%の範囲で減税を行われます。
(それぞれローン残高や限度額がありますのでご注意ください)

住宅ローンを借りて、
控除が受けられる間に税金を還付してもらうほうが得です。

 

住宅ローン控除が終わってから、自己資金を使って元金を返済した方がいいです。
手持ち金は建設時には使わないことをお勧めします。

それでは、住宅ローンはいくら貸してくれるのでしょうか?

経験上、年収の6倍程度は借りれるでしょうけれど、
現在、他のローンが無い場合です。
マイカーローンなど、他にローンがあれば、
それも考慮して銀行が判断しますので、注意してください。

携帯電話の支払いもローンとみなされ、
計算に入れられる場合があります。

 

団体信用生命保険にも加入できることが必要です。
生命保険に加入できない場合は住宅ローン借り入れができません。

色々な条件がありますので、
銀行で事前審査を受けます。
個人情報はわかりませんので。

いくら借入ができるか?
よりも、
毎月、いくら返済できるかということを考えましょう。

借入できるからといって、
将来の計画を考えずに借りれる分だけ借りてしまうのはお勧めできません。

子どもがいる家庭の場合は、
教育費なども考慮して返済計画を立てることが大切です。

家賃が住宅ローンに替わるわけですので、
その他の生活費も含めて、
無理のない住宅ローンを組みましょうね。(^^)

丸野工務店 代表取締役社長 小野 五百合

小野 五百合

【ここからはじまるしあわせ】というフレーズを胸に、お住まいになるご家族が末永く幸せであってほしいという思いで、身体に優しく心地いいもみの木の家を提供しています。

開催予定の見学会・イベント

【2/29日】もみの木について学ぶ→もみの木カフェ
【毎月開催】もみの木の家を体感→体験会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:丸野工務店

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

もみの木ハウス・はんしんの家づくり情報は「コダテル・兵庫」「コダテル・大阪」からもどうぞ。