洋服には流行があります。
流行の元を作っているのは、作る側。
プロデュースする側。

 

今年の春は、…色が流行りますとか、
秋は・・・の色とか・・・?

何も始まってない時から、
次の季節の流行色を決めている。

面白いですね。
誰も着ていないに、流行の色を決めるって、
誰が決めるんだろう?
でも、店頭に並ぶので、それが流行の色。

私は、好きな色を着ます。(^0^)

 

洋服の事は、別として、

住宅も、天井が高いとか低いとか、
モダン、ジャパネスク、欧風、南欧風とか、色々。

一時、どんな雑誌を見ても、真っ白でモダンな家の時があり、
最近では、無垢がいいとかで、
どのページを捲っても、節ありの無垢の床材。

今年は、また少し変わったかしら?
最近は平屋が流行ってるって?
昔からあるけれど、土地価格の高いところでは、厳しいですよね。
住む人と土地の形状によって住宅は変わります。

 

洋服ではないのだから、
住宅に大切なのが何なのかを考えないとダメです。

高すぎる設備に費用をかけたとしたら、
15年後、20年後にそのメンテナンスが必要になります。
その時の費用も理解して高い設備は設置しましょう。
こわれない設備はありません。
いつかは壊れるし、住宅そのものもメンテナンスが必要です。

 

ハウスメーカーの下請けもたくさんしてきましたが、
その時良くても、廃番商品もたくさんあり、メンテ不可能なものも中にはありました。
時には、その会社そのものが存在しなくなって、
どうしようもないものもありました。

そんな時は、入替えしかないです。

ですから、設備は取替えが可能だったり、
部品交換ができるもの、
ベーシックなものを選んだほうが良いと考えるようになりました。

住宅に大切なのは、
室内での過ごしやすさです。
内装も華美でありすぎる必要はないと思います。

 

内装はベーシックで、家具やカーテンで装飾すれば、
好みの家になります。
模様替えも楽しめます。

住宅で大切なのは、
身体に負担がかからないような設計であったり、
そこにいて、くつろげる空間であることです。

 

もみの木の家が良いのは、
心地良さです。
これは、体感しないとわかりません。

その空間にいて、
イライラしたり、落ち着かなかったりするようでは、
長年のローンがつらくなります。

 

私は、心にも身体にも優しい住まいが好きです。(^^)

 

丸野工務店 代表取締役社長 小野 五百合

小野 五百合

【ここからはじまるしあわせ】というフレーズを胸に、お住まいになるご家族が末永く幸せであってほしいという思いで、身体に優しく心地いいもみの木の家を提供しています。

開催予定の見学会・イベント

【12/14日】もみの木について学ぶ→もみの木カフェ
【毎月開催】もみの木の家を体感→体験会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:丸野工務店

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

もみの木ハウス・はんしんの家づくり情報は「コダテル・兵庫」「コダテル・大阪」からもどうぞ。