もみの木ハウスの内装材の
もみの木は、「柾目」で「無節」です。

そして、人口乾燥ではなく、自然乾燥です。

 

無垢の家(木の家)はたくさんありますが、
「板目」で「節あり」です。
無節もありますが、「板目」になっています。

よくご覧になってください。

 

「木は、調湿できる材料です」と言われますが、
「木」であれば、調湿できるということはありません。

は?、という感じだと思いますが、
同じ木材でも「板目」はほとんど調湿しません。

 

「板目」の木は、酒樽とか、みそ樽とかに使われます。
昔の木の船も板目でできています。
板目は、吸湿しにくいので、酒樽に使われています。

逆に、すし桶は、「柾目」で造られています。
「板目」のすし桶があれば、それは間違いです(^^)
寿司がべたべたにならないよう、「柾目」が水分調整するということです。

ですから、
室内の空気を調湿したいならば、「柾目」を選ばないと意味ありません。

 

「柾目」の無節は、丸太からとるとすると、
板目に比べて少ししかとれません。

なので、「柾目」をとる為には、
大木が必要です。

 

もみの木の内装材は、樹齢250年~300年の木を使います。

 

節の部分は枝ということなので、
これくらいの大木でないと、柾目の無節はとれないです。

 

早く成長する柾目の木は年輪と年輪の間が広いです。
もみの木ハウスで使う「柾目」のもみの木は、
寒い国でゆっくり育った木なので、年輪も細かいです。

 

調湿するなら、「柾目」です。

 

見て、触って感じてくださいね。
でないと、わかりません。(^^)

 

丸野工務店 代表取締役社長 小野 五百合

小野 五百合

【ここからはじまるしあわせ】というフレーズを胸に、お住まいになるご家族が末永く幸せであってほしいという思いで、身体に優しく心地いいもみの木の家を提供しています。

開催予定の見学会・イベント

【2/29日】もみの木について学ぶ→もみの木カフェ
【毎月開催】もみの木の家を体感→体験会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:丸野工務店

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

もみの木ハウス・はんしんの家づくり情報は「コダテル・兵庫」「コダテル・大阪」からもどうぞ。