maruno_ribbon01

title_blog

マイホーム建設と資金計画

img_cost_001

マイホーム建設と資金計画

住宅建設には、土台や基礎、柱や壁、屋根などの家の躯体と内外装までの家屋そのものの材料と、建築工事に必要な費用として「本体工事費」がかかります。このほかに「付帯・別途工事費」として、ガスや水道の引込み、給排水管の工事など、実際にすめるようにする為の支出があります。

さらに、門や駐車場スペースを作るための外構工事、庭を整備するなら造園工事も必要です。土地に古い家が建っていれば、その解体費用もかかります。必要です。土地に古い家が建っていれば、その解体費用もかかります。このように、ひとくちに建設費用といっても、実際には様々なものがあります。「あとで、予想外の費用がかかった」と言わないように、見積りをみる場合には、いったいどの工事までの費用が含まれているのか、別途必要な工事費はいくらなのか、慎重に確認することが大切です。

 

 

bnr_01


まずは家づくりの明細を知ろう。

まずは家づくりの明細を知ろう。

住宅ローン減税、長期優良住宅制度、近年まれに見る低水準の住宅ローン―――――。

ここ数年のうちにマイホーム購入を検討されているご家庭も多いのではないでしょうか。住まいづくりのためには、計画的な資金計画を立てたいもの。しかし、アタマでわかっていても、実際にどれくらいコストがかかるのかご存知でしょうか。もちろん希望プランにより大きく異なりますが、頭金にはじまり、建築工事費、手数料、そして引っ越し代や固定資産税等…なにかとお金がかかります。
「あとで、予想外の出費があった」なんていうことがないように、何にどれだけお金がかかるのか、マイホーム建設のための“明細”を事前にしっかりと理解しておきましょう。そうすれば、月々の具体的な貯蓄額や返済額など資金計画がぐんと立てやすくなります。家は建てて終わりではなく、家族がそこで楽しく成長していくことが本来の目的。そのためにも、今後の家計に過大な負担や無理が生じないように、 しっかとした資金計画を立てましょう。
このページではマイホームの資金計画を立てる際に、必ず押さえておきたいポイントをご紹介します。皆さんの安心で幸せなマイホーム建築にお役立てください。

img_cost01

 

 

bnr_01