maruno_ribbon01

2018年11月9日

武庫川髭の渡しコスモス園

 

弊社の前を流れる天神川。

1㎞ほど西へ行ったところで天王寺川に合流し、

さらにその先で武庫川に合流します。

 

そこからさらに武庫川を下って新幹線の少し北側のところに

今の季節、見事に咲き誇るコスモス畑が広がっています。

車で走っていても

「ワー!」っと声が出てしまいそうになるほど。

 

それが『武庫川髭(ひげ)の渡しコスモス園』です。

 

髭の渡し!?

って思いますよね。

私もそう思って個人のSNSでそんなふうにつぶやいてみたところ、

友人が「髭の安兵衛さんのお茶屋さんがあった場所らしいよ。

新聞にそう書いてあった。」と教えてくれました。

 

たしかにGoogleマップを見てみたら、

お茶屋さんの形跡はないけど、《髭の渡し跡 西岸側》という記述が!

 

明治42年に甲武橋がかけられるまでは

ここに武庫川の渡しがあったそうです。

尼崎市ホームページより)

 

そんな珍しい名前のコスモス園、なんと550万本のコスモスが

市民グループとボランティアの手によって毎年植えられているそう。

 

私の行った10月末にはちょうど見頃を迎え、

平日にもかかわらずたくさんの人でにぎわっていました。

(ついつい人が入らない構図で撮るクセがついてしまっていて…。

たくさんの人でにぎわっている感が出ていませんが。)

 

ピンク系と黄色のミックスゾーンがあるなーと思ったら

 

兵庫県政150周年にちなんで【150】の文字が黄色のコスモスで

描かれていたのでした。

(ちゃんと少し高いところから見下ろせるようになっています)

 

写真ではなかなかスケール感とコスモスのかわいらしさを表現しきれませんが

実際肉眼で見るのはこの何倍も何十倍も感動的です。

 

もう見頃のピークは過ぎていますが、

今年も11月中旬までは開園しているようなので

お時間があれば是非ご覧になってみてください。

 

武庫川髭の渡しコスモス園(尼崎市公式ホームページ)

 

 

 

スタッフブログ