maruno_ribbon01

2018年10月12日

秋は家電のお手入れを!

 

秋に多い雷に注意!大事な家電を守ろう

「秋雷」という言葉があるように、秋は雷が多く発生します。人体への直接の危険はもちろんのこと、家の近くに落ちたら電線などを伝って家の中に入り込み、家電に深刻なダメージを与えることも。大事な家電を雷から守る方法をお伝えします。

〇どうして雷は家電を壊すの?

雷が落ちると、瞬間的に高い電圧が発生します(雷サージ)。それが電線を通じて家電に伝わると、基盤などにダメージを与えて故障を引き起こすのです。家庭にはテレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン・PCなど、たくさんの家電があります。これらが一斉に壊れてしまったら何十万円もの損害になることがあるので、しっかり雷対策をしておきましょう!

〇知っておきたい雷対策

最も簡単な対策は、雷が鳴ったら家電につながっている「電線」を全て引き抜くことです(コンセント・アース線・テレビアンテナのケーブル・パソコンのLANケーブルなど)。また、市販の「雷サージプロテクター」や「雷ガード付き電源タップ」を使うのもおすすめです。雷の電圧は数百~数千ボルトにもなるので、なるべく「最大サージ電圧」がきちんと表示されていて、その数値が高いものを選びましょう。

夏にお世話になった家電に感謝!秋にしておきたいお手入れ

例年にない猛暑となった今年の夏。人だけでなく、夏の間中がんばってくれた家電もお疲れ気味です。特にエアコンや扇風機、ガスコンロの代わりに活用した電子レンジなどは、感謝の気持ちを込めてお手入れしましょう。
< エアコン >
水に浸けてよく絞った布で全体をふく。フィルターのほこりを掃除機などで取り除き、汚れがひどい場合は台所用洗剤に漬け置いてからスポンジでやさしく洗う。エアコンの「お掃除機能」で内部をクリーニングする(機能がない場合は市販の洗浄スプレーを活用しても)。
< 扇風機 >
扇風機のガード(カバー)を外して羽やその他の部分についたホコリをふき取る(外し方は取扱説明書を参照)。羽の汚れがひどい場合は、可能なら取り外して台所用洗剤で洗う。
< 電子レンジ >
薄めた台所用洗剤をしみこませた布で全体の汚れをふき取る。スチーム機能付きの機種は、給水タンクを取扱説明書に従ってお手入れする。ターンテーブルや網皿などは、取り外して台所用洗剤で洗う。「脱臭機能」が付いている場合は活用を。