maruno_ribbon01

2017年10月2日

【新築から続くお客様とのご縁】

 

(リフォームで2世帯を1世帯に)

平成10年に新築させていただいたオーナー様からのご依頼でした。

もともと2世帯だった住宅の1階を
へだたりの無い繋がりのある住まいにしたいとのご依頼でした。

設備が完全に分離していた2世帯住宅でした。
設備部分を部屋に取り込み、
なるべく解放感のある住まいになるようリノベーションしました。

平成10年に新築させていただいたということは、
もう来年で築20年を迎えます。

永いおつきあいをさせていただいています。
感謝します。

住宅はメンテナンスが必要ですが、
建物のメンテナンスだけでは無いと思うのは
永年この仕事をさせていただいているからでしょうか。

年末が近づくと、
なるべくたくさんのオーナー様宅にお伺いしているのですが、
新築から今に至るまで、
ご家族には幸せな出来事があれば、
そうでないこともあります。

それは、私も同じです。

いつも、”どうかお幸せに” と、願いつつお引渡ししてきました。

生きている限り、様々なことが起こりますが、
住まいも、そのご家族の年輪と共にあります。

ご家族の成長に伴って住まいの使い方も変わり、
また、時代の流れによっても変化します。

オーナー様のご要望を受けながら、
また、ご相談を受けながら
私もまた成長していきたいと思っています。

施工させていただいたオーナー様と昔話をしたり、
今のお話を伺ったり、
また、これから先の生活のご相談をさせていただいたり・・・
とてもしあわせな仕事をさせていただいています。

どうか、どうか、ご家族様が末永くお幸せでありますように・・・

昨日は、私が現場監督をさせていただいた住宅のオーナー様とゆっくりお話しできて、
とても感慨深い1日となりました。
貴重なお時間を有難うございました。

胸いっぱいで、 今日はこれでおしまいです(^^)

未分類