maruno_ribbon01

2011年3月1日

【子育て…「昭和のスイッチ」って、何?】

 

 最近、大学時代の友人とランチしました。

彼女とは、年に2・3度食事をしますが、

同級生というのは、何歳になっても同じ感覚で話ができて

うれしいな~と、実感です。

 同じ世代の子ども二人の子育て論が飛交いましたが、

彼女が先日参加した講習会で、

講師の方が、「お母さんたち、昭和のスイッチをきりましょうね。」と、おっしゃるらしい。

【昭和のスイッチ】?   曰く、子どもの反抗期歓迎、いちいち叱らず、

大きく受け止めましょう・・・というような内容らしい。。。

「ばばあ!」 なんて、言われたら、反抗期だと思い、喜びましょう・・・ですって、

喜べるわけない!! 私なら思いっきり叱りますよ。

 皆さんどう思われますか?

私は、【昭和のスイッチ】? 全開!!で子育てしています。(^-^)

子どもに負けてたまるか~!!って、感じです・・

子どもに、「よ~く聞いてね。 うちには、反抗期はないからね~!!

よーく覚えといてね!!」なんて言ってます。

 子どもたちは、「はいはい。わかりましたよ。大体、反抗する暇なんか無いし…」

なんて、苦笑いしております。

それでも、反抗はしますけどね・・・(^^)

  私は、子どもを叱るのは、親の務めと思ってます。

あかんことは、あかん!!って、理屈抜きで・・・

 「子育て」って、親の数だけ、子どもの数だけあるんじゃないですか?

ひとつの枠ではなく、子どもに体当たりすればいいと思うんだけどな。

ただ、親が、子どもをしっかりと見てやることと、親がぶれないことが大切だと、

毎日奮闘しております。

 単なる私個人の意見ですが、皆さんいかがでしょうか。(?―?)

子育ての話は、きりがないので、また次回・・・

 

*兵庫県 伊丹市 注文住宅 長期優良住宅 リフォーム 自然素材 無垢材

 和風住宅 住まいの事なら ㈱丸野工務店 まで*

 

 

丸野工務店 社長ブログ