maruno_ribbon01

2018年1月25日

【住宅の役割 暖かい住宅】

 


(I 邸  シンプルな外観です)

 

住宅の役割は?

当たり前ですが、シンプルに、雨風をしのぐことから始まりました。

見栄えだけ重視しても、
室内で過ごす時に快適でなければ、
何のために高いお金を費やすのだろうと思ってしまいますよね。

安心で安全な住宅は当然ですが、

新築を建てるなら、
お金をかけるべきは、断熱性能だと思います。

「暑くても、寒くてもいい。 自然でいい」と、おっさしゃる方はそれでいいかもしれませんが、
せっかく費用をかけて住宅をお考えなら、
断熱性能を抑えて他でお金を費やすのはもったいないと思います。

日本のサッシメーカーもやっと、
断熱性能の良い窓が主流になりつつあります。
それでも海外に比べると、まだまだだそうです。

日本の住宅は高温多湿の夏を基準に考えろと、教えられた記憶があります。
もちろん、それはとても正しいです。

でも、それだけだと夏は涼しくても、
冬は極寒です。


(吹付断熱材施工)

写真は吹付断熱材ですが、
断熱だけを良くしても、開口部の断熱性能が悪ければ、
結局寒い住宅になります。

つい数年前までシングルガラスだったのが、
分譲住宅でもペアガラスは当たり前になりました。

けれど、ペアガラスだけでは断熱性能は期待できません。

空気層にアルゴンガスが入ったペアガラスで、
枠はアルミでなく、樹脂枠がおすすめです。

ガラスもトリプルガラス以上のものも出ていますが、
重たすぎる。と、私は思います。
開け閉めに苦労します。5枚ガラスもあります。(・・)
開閉しないところはそれでもいいかもしれません。
外部枠が樹脂なので、耐用年数が気になるところですが、
メーカーによると、10年保証だそうです。
ここは30年保証にしてほしいですね(^^)
 

ただ、ずいぶん前から研究されて、
実績を積んだ上で、住宅に採用されているようなので、
そこは大丈夫かと思います。
不安な方はせめて複合サッシ(外部アルミ・内部樹脂枠)にしてはいかがですか?

リノベーションのご相談が多くなりました。
高級注文住宅ですが、寒い家ばかりです。
昔の注文住宅だからです。

特に洗面お風呂の改修が多いです。
在来工法のタイルで凍えるような寒いお風呂です。

断熱性能の良いシステムバスにしましょう。
窓も、断熱性能の良い窓に変えましょう。
脱衣室も暖かくしましょう。
気密性も良くしましょう。

ヒートショックの無いようにです。
予算が許せば廊下も暖かな部屋に改修します。

これ、すべて冬の寒さをしのぐためのご提案です。

夏は、庇を付けたり、外部からの熱を遮断する方法を考えればいいです。
敷地にゆとりがあれば、家のためにも軒を出しましょう。
外壁も汚れにくいです。

みんな歳はとります。
これからゆっくり快適に過ごしたいと思うなら、
歳をとっても暖かく快適に過ごせる住まいにすることを重視して、
住宅を考えてみてはいかがですか?

安全で暖かな住まいをご提案したいです。(^^)

 

 

 

「地元にずっとある工務店でありたい」
#健康で空気のいい家を建てたい #もみの木の家 #伊丹市昆陽池公園北側
#女性が考える住宅
#男性目線と女性目線と両方で住宅を提案します。 #省エネ 断熱性能の良い家
 #もみの木の美しい住宅 #イノスグループ #木と風の家 #自然の家
#家族がくつろぐ家 #優しい家 #新築 #建て替え #兵庫の注文建築
#子育て #無垢材 #終のすみか
 私も優しくなりたい(^^)

伊丹市 丸野工務店

 

 

 

未分類