maruno_ribbon01

2015年10月31日

【タイルの変化】

 

DSCF1490

外壁や土間にタイルを張ることはありますが、
浴室やトイレに内装タイルを張る住宅は少なくなりました。

浴室はシステムバスの普及、
トイレは洋式トイレの普及により、
新築で水廻りの壁や床にタイルを張ることは少ないです。
タイルが好きな方は別ですが。

システムバスの場合、デザインも良くなり
浴室内の装備も自由に選べるシステムが主流。
浴室暖房やサウナなども取り付けが容易になりました。

なんといっても、その後のリフォームが楽。
システムバスを解体して、そのまま新しい規格のシステムバスを取り付ければいい。
在来だと、タイルや下地の壁をはつって床の土を出して・・・また、浴室の下地をして
など、とても大変です。
土台や柱が腐っていることやシロアリ被害にあっていることも多いです。

それに比べるとシステムバスはシロアリが発生することもまずないし、
躯体と分離しているので、土台や柱が腐ることもない。
洗面所に床下点検口を取り付けていれば、
浴室の床下の点検も簡単にできる。

本当に便利になりました。
これから先がどうなるのか想像つかないほど便利になりました。

しかし、無機質だな・・・。

20年前はハウスメーカーも在来タイル張。
ユニットバスはビジネスホテルに有るぐらいで、デザインも単調で良くなかった。

そのため、内装用水廻りのタイルも豊富にありました。
安価なタイルから色々なサイズの柄のきれいなタイル。

現場監督をしていた頃、
どうやったらきれいに見えるかと、
タイル職人さんと一緒にタイル割り(タイルの配置・張り方)を考えたりしていた日が懐かしいです。

今、タイルの補修をしようとすると、
対応できる種類が少なかったりして、苦労することがあります。

内装タイルはどこに?・・・

室内のデザインや吸湿の為に壁に貼るタイルが
びっくりするほど増えました。

一時あまり使われていなかったモザイクタイルは、
アクセントデザインとして張ることが多くなりました。

タイルを少し使うとかわいくなる。

タイルメーカーも時代の流れで、
次々と新しい商品を出さないといけないから大変ですね。
冷たくなければ浴室に最適なのですが。
床暖房ではなく、暖かいタイルがいつか開発されるかも。

余裕が有ればかわいいタイルを少し使うと
お部屋のイメージがぐっと良くなります。

目地があまり汚れない場所に使うとお掃除も楽ですね。
タイルの良さを生かせますように。

今日はだらだらと書いてしまいました。

[伊丹市の注文住宅なら丸野工務店まで]

 

 

 

未分類