maruno_ribbon01

2014年8月28日

【わが家のリフォーム奮闘記 1】

 

  

  私共家族は、昭和58年に注文住宅された住宅に住んでおります。
注文住宅とはいっても、私たちの注文ではなく、
注文住宅された中古物件を購入させていただき、18年前から住んでいます。

 お客様の注文建築やリフォームは沢山させていただいたものの、
わが家はそのまま・・・
 私の夢は、自分で設計した住宅を建てて住むこと。
なのに、やはり自分の家はついつい後回し。

 新築にしようか、リフォームにしようか悩みつつも、
築30年を超えたので、そろそろどうにか・・・と、
基礎や構造がしっかりしているので、リフォームしようと、
考え始めたのが、3年前。

大工さんも仕事がいっぱいで、(反面嬉しいのですが^^) 
なかなか実行できず、計画できずです。

 主人には、
『リフォームしたいしたい、と、言ってるうちに歳とるわー』
と、笑われます。

 ほんとだ・・・歳とるんだ・・と、改めて当たり前のことに気づき、
頑張って仕事の合間に計画を立てているところです。

 わが家の一番の難点は、
寒い・・・とにかく寒い・・・・
しかし、夏はひんやり・・・

でも、寒い・・・・

 もうひとつは、浴室が在来で広いのですが、
昔の家によくある、
洗濯機が浴室内にある間取りなんです。
入浴する時、結構ストレスです。
そして、掃除もしにくい。

 キッチンもその当時のままのものを使っているので、
かなり古いものです。

 良い点は、
階段を中心に、ぐるぐると回遊できる間取りになっていること。

 さて、良い点を残しながら、
皆さんの参考になるようなリフォームが出来ればいいな。
と、思っています。

 収納と家事動線を優先にした間取りにします。
子どもたち2人はいずれ巣立っていくに近い年齢になったので、
その後の生活を優先した間取りにします。
子どもたち、ごめん。
早く立派に巣立ってちょうだいね。(^^)

それでは、
また経過報告差し上げます。

完成どころか着工いつになるやら・・・
皆さんに参考にして頂けるよう、
主婦目線で頑張ります。

ちなみに、事務所リフォームが先行します。

 

丸野工務店 社長ブログ