maruno_ribbon01

2018年10月19日

【これから過ごす終の住家】

 

子どもが生まれて成長して、
それぞれの個室を造った住宅を建てて、
一生懸命働いて子育てして、
気が付いたらその子たちは成人して、それぞれの道へ。

 

ふと、
「なんて家が広く感じるんだろう?」
と、思う日が来ます。

今日も、オーナー様にお茶をいただき、
そんな話を聞かせていただきました。

 

子ども達が巣立ったら、
どうやってその家を使いますか?

夫婦二人になったらどんな風に使えるかしら?
そこまで考えて新築を考えることは少ないかもしれませんね。

新築を建てる時は今のことと夢でいっぱいですから。

 

 

けれど、その後の自分の人生のためにも、
将来のことも視野にいれて住宅の大きさを考えた方が合理的です。

余裕があって、大リフォームできればいいですが、
どちらにしても、、費用はもちろん、体力も必要になります。

 

 

ずっと先、今から計画する家がどんなふうに使えるのか、
どんなリフォームができるのか、
そんなことも考えて間取りを考えてみてはいかがでしょうか。

 

DIYも流行っていますが、これも体力いりますね。(^^)
好きな方はいいのですが、
そうじゃなければ大変なだけです。

 

将来のことも考えながらの住まい造りも楽しいものです。

 

あっという間に10年、20年は過ぎてしまいます。
私もそうですから。(^^)

そろそろ寒くなってきました。
皆様、風邪などひきませんように。

 

 

【地元にずっとある工務店でありたい】

伊丹市 昆陽池公園北側 株式会社 丸野工務店
働く女性が考える家事楽な家 心地いい家 空気のいい家
長期優良住宅・省令準耐火構造・イノスの家・もみの木の家

 

 

 

 

 

未分類